プロフィール

月涛賀ゆう(つきなが ゆう)

月涛賀ゆう(つきなが ゆう)

京都出身の神仏画家。龍神を中心に死や幸福への"祈り"を神々の姿を通して描くプロのアーティストです。現在は神社仏閣とヨーロッパを中心に活動中。

【虹の龍の御朱印帳☆好評販売中】
https://handmade.coconala.com/works/87515/

2015年に開催したパリでの個展をきっかけに、現在は京都を拠点に日本とヨーロッパで活動しており、2017年よりヨーロッパ全土から約30万人が集まるスペインの一大イベント【Girona Temps de Flors】に2年連続で作品を展示。作品がスペインのテレビで紹介され、また市の発行する書籍にも掲載されました。

2018年より神社仏閣へ神仏画を奉納し、新聞社などの各メディアでもとり上げられております。年号が平成から次へと変わる来年2019年度には初代天皇を祀る橿原神宮での神仏画奉納が決定(※2019年4月3日)

【橿原神宮奉納式】
https://yuutsukinaga.themedia.jp/

オリジナルの御朱印帳は販売開始数時間で売り切れるなど現在も好評を得ており、神社でも各神社限定版の御朱印帳が販売されています。

【虹の龍の御朱印帳☆好評販売中】
https://handmade.coconala.com/works/87515/

#つきながゆう

出品情報